楽天モバイルの使い放題に騙されるな!人によっては2,980円/2GBの割高SIMに

“第4のキャリア”楽天モバイルのMNOサービスが2020年4月8日に開始されます。300万人までは1年間無料(2回線目以降は有料)ということでとりあえず申し込んだ人も多いかと思いますが(申込殺到でサイトが落ち、楽天市場に間借りする事態になったほどです)、料金プランをよく見ると落とし穴だらけ、それも手練れが作り込んだプランというよりは雑な印象を受けました。人によっては「使い放題」どころか大損かもしれません。

「Rakuten UN-LIMIT」の概要


楽天モバイル(MNO)の料金プランは、「Rakuten UN-LIMIT」という1種類のプランだけ。このプランの特徴としては「完全データ使い放題」「国内通話かけ放題」「グローバル無料」の3点がアピールされており、これで2,980円/月なら一見安いように思えます。

実際には色々と条件があって、データ使い放題なのは「楽天モバイルの自社エリア」だけ。楽天モバイルのエリア整備はまだまだこれからなので、サービス開始時点ではローミングでKDDI(au)のエリアを間借りする形で補われますが、ローミングエリアでは2GB/月、それ以上は128kbps制限となります。また、通話かけ放題にもある条件があり、何も考えずに発信してしまうと30秒20円の通話料金がかかります。

注意点①:2GBまでしか使えない場所を見分ける手段が不十分


「自社エリアでは無制限、国内ローミングは2GBまで」ということ自体は、KDDI回線を借りるコストを考えると安く提供するためには仕方ないと思います。しかし、それ自体は悪くなくてもユーザーの使い勝手をまるで考えていない仕様となっていることが問題。

「使い放題の場所」と「2GBまでしか使えない場所」があるなら、ユーザー目線では当然、2GBエリアではなるべく通信量を節約したいですよね。エリアの見分けが付くことが大前提になるわけです。しかし、少なくとも料金プランの発表時点では、楽天モバイル側の回答は「契約者向けアプリの中で楽天・KDDIのどちらに繋がっているか分かるようにするから、それで見てね」という内容。

たくさん使える場所とそうでない場所を考えながら使わないといけない時点でそこそこ不自由ですが、一々アプリを立ち上げて確認しろというのは本気で言っているのか、だいぶ無理があると思います。

もっとも、非公式の手段であればLTEバンドを確認できるアプリを使って楽天モバイルとKDDIの周波数を通知やウィジェットで見分けられるので多少楽になりますが、知識のあるユーザーなら解決できるというのは本質的ではありません。場所によって性質が変わる料金プランを出す割に、その前提となる情報を全ユーザーに伝わる形で十分に提供していないこと自体があまりにもお粗末です。

注意点②:東名阪エリアのユーザーでも2GB制限にかかる可能性は大いにある


さて、そうは言っても「エリアマップを見れば自社エリアが展開されている地域は分かるんだから、生活圏がそこに収まっていれば問題ないんじゃない?」と思う方もいるでしょう。そこが落とし穴で、実際には東名阪エリアのユーザーでも「2GB制限」にかかる可能性は大いにあります。エリアマップ上はほぼ全域が楽天回線エリアとしてマゼンタで塗りつぶされている東京23区内でも、地下鉄や建物内などローミング接続となる場所は多々あるのです。

地下鉄通勤や日中会社にいる間に通信制限、楽天エリアから出ていないはずなのになぜ……という事態は、今の不十分な説明のままなら必ず起きます。こういう平面のエリアマップでは見えないローミングエリアがあるからこそ、前の話に戻りますが「どっちの基地局に接続されているか」がステータスバーなどでいつでもすぐ分かる利用環境を提供するのは必須でしょう。

あるいは、WiMAX 2+のハイスピードプラスエリアモード(7GB/月でauのLTE網にも接続するモード)のように、エリアが狭くなるのは承知の上で国内ローミングのON/OFFをユーザーが任意に選択できるようにしても良いと思います。

注意点③:通話かけ放題の条件


これはエリアの問題と比べれば些細なことというか、ちょっと注意してねぐらいの話ですが、「国内通話かけ放題」にはある条件があります。「Rakuten Link」というアプリを使って発信することです。

これはIP電話やプレフィックス型通話割引のような仕組みとは違って、RCS(Rich Communication Services)という次世代規格を使ったもの。基本的に通常の電話アプリで発信する時と使い勝手は変わりませんが、「Wi-Fi接続中の発信」に注意。Rakuten LinkはWi-Fi経由の通話ができるので、Wi-FiをONにしたまま発信するとそちら経由になってしまいますが、実はこの状態だと相手には非通知で表示されてしまいます。番号通知をしたい場合は、Wi-Fiを切ってから電話をかけましょう。

また、Rakuten Linkを使わずに発信した場合は30秒20円の通話料がかかります。Rakuten Link非対応の機種、たとえば「サポート対象外だけどeSIMをiPhoneに入れて使う」といったケースではこの弱点は考慮するべきでしょう。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を申し込む

Pixel 3aPixelのおサイフケータイ初期化方法

3月27日開始の「SoftBank 5G」、最初に使える場所はどこ?

関連記事

  1. LinksMateの料金プランやサービス、メリッ…

    「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランや…

  2. BIGLOBE エンタメフリー

    YouTubeが見放題、そんな夢のようなオプショ…

    「格安SIM一球勝負!」では、MVNOやサブブランドなどのいわゆる「格安SI…

  3. 「OCN モバイル ONE」の旧プランはまだ申し…

    ドコモ回線のMVNO「OCN モバイル ONE」は、2019年11月から新料…

  4. J:COM MOBILEの解約金はいくらかかる?…

    J:COM MOBILEは、KDDI子会社のジュピターテレコムが運営している…

  5. ソフトバンクの「OPPO Reno3 5G」は中…

    ソフトバンクから5G対応スマートフォンとして発表された「OPPO Reno3…

  6. Xiaomiスマホでドロワーを使いたい人におすす…

    「Redmi Note 9S」などコストパフォーマンスに優れた機種が続々と上…

  7. UQ mobileの「Galaxy A30」を買…

    UQ mobileから発売中の「Galaxy A30」(サムスン製)は、同社…

  8. 10月からはこうなる!Y!mobileの新プラン…

    電気通信事業法の改正などに合わせて、2019年10月1日から携帯各社のプラン…

PAGE TOP