• HOME
  • ガイド
  • Pixelに追加された自動化機能「ルール」をチェック

Pixelに追加された自動化機能「ルール」をチェック

3月のアップデートでAndroid 10のPixelシリーズに追加された新機能「ルール」を使ってみました。特定の場所にいるときに設定を切り替えてくれる自動化機能です。

新機能ですがあまり目立たないメニューにひっそりと追加されていて、「設定」→「システム」→「詳細設定」→「ルール」でたどり着けます。

あらかじめ指定した条件を満たしたときに自動で設定変更などの操作をしてくれる機能で、Galaxyの「Bixby Routines」のようなもの……というのは言い過ぎかもしれません。というのも、現時点ではまだ設定できる項目がごく限られています。

トリガーは「指定のWi-Fiネットワークへの接続」または「指定の場所」なので、Wi-Fiか位置情報のどちらかを使って特定の場所にいることを認識させる使い方になります。

では、対応している操作は何があるのかというと、着信音・通知音関連の設定のみ。「マナーモードをONにする」「スマートフォンをサイレントに設定」「スマートフォンをバイブレーションに設定」「スマートフォンを着信音に設定」の4種類の操作を指定できます。

現時点でできることは、「家にいるときだけマナーモードOFF」の操作を自動化させる程度でしょうか。少々分かりにくいですが、マナーモードの解除をさせたい場合は「スマートフォンを着信音に設定」のコマンドを使えば可能です。今後、対応機能が増えていけば便利に使えそうです。

関連記事