楽天モバイル(MNO)の料金プランは1種類。自社エリア無制限+ローミングエリア2GBで2980円、1年間無料

楽天モバイルは3月3日、「楽天モバイル プレスカンファレンス」を開催しました。MNOサービスの正式開始日が4月8日となることを明らかにした上で、料金プランを正式に発表。「Rakuten UN-LIMIT」という1種類のプランのみを用意し、料金体系のシンプルさをアピールしました。

自社エリア無制限+ローミングエリア2GBで2980円

Rakuten UN-LIMITは、楽天モバイルが自社で整備したエリア(開始時点では東名阪の一部)ではデータ通信量無制限。同社が「パートナーエリア」と呼ぶKDDI網のローミングエリアでは、月2GBまで利用できます。また、海外ローミング(66ヶ国・地域)も2GBまで無料です。国内外のローミングエリアで容量を超えた場合は128kbpsの速度制限がかかり、500円/1GBで解除できます。料金は2,980円/月(税別)。最低利用期間や契約解除料の設定はありません。

音声通話は20円/30秒ですが、RCSベースの独自サービス「Rakuten Link」を利用することで無料に。また、980円/月のオプションを追加することで、国内→海外・海外→海外の通話もかけ放題になります。


通常2,980円のRakuten UN-LIMITですが、開始当初は300万人まで、1人1回線に限り、1年間無料で提供されます。なお、無料ユーザーに関しては、通常3,300円(税込)の事務手数料相当分も、Rakuten Linkの利用を条件にポイントで還元されます。

先行申し込み開始、MVNOからの切り替えは4月8日以降

新規契約については、3月3日の16時から先行申し込みを受け付けています(ただし、開始直後は混雑でアクセスできない状況)。MNPでの契約を希望する場合やMVNOの楽天モバイルを利用中で切り替えを希望する場合は、サービス開始日である4月8日以降の受付となります。あわせて、MVNOの新規受付は4月7日で終了します。

Source: 楽天モバイル

筆者のひとこと
まともに楽天・KDDIどちらのネットワークに繋がっているかをはっきり見せている仕様でもないのに(My Rakuten Mobileのアプリで見られるようになるそうですが、いちいち開きます?)、ローミングは2GBまでと言われても……という感じですよね。東名阪だって地下鉄とか大型商業施設とかはローミングですし、無意識に使い切って腑に落ちない課金をする羽目になりそうです。あと、下のスライド、ほとんど詐欺みたいなもんですよ。往年のソフトバンクグラフ並みに酷い。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を申し込む

ドコモ版「Galaxy A20 SC-02M」のホーム画面はどっちを選ぶのがいい?docomo LIVE UX・One UIホームの変更方法

4月8日に本格始動、楽天モバイルのMNO参入までの動きを振り返る

関連記事

  1. 半額通話アプリのG-Callがソフトバンク回線の…

    法人での採用例もあるプレフィックス型半額通話アプリ「G-Call」を提供して…

  2. 「Snapdragon 765」は5Gモデムを内…

    Qualcommは12月3日(現地時間)、ハワイで開催中のイベント「Snap…

  3. 「OnePlus 8」シリーズのスペックの一部を…

    OnePlusのPete Lau CEOは、同社の公式コミュニティにおいて、…

  4. 楽天モバイルがエリアマップを更新、横浜や千葉に拡…

    楽天モバイルは、「無料サポータープログラム」として先行提供中のMNOサービス…

  5. ファーウェイ、対応バンドを充実させたSIMフリー…

    ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのモバイルWi-Fiルーター「E…

  6. 「ELEPHONE E10」海外発表、約1.5万…

    中国のスマートフォンメーカー・ELEPHONEは、Androidスマートフォ…

  7. ウォークマン ポーチ

    懐かしの歴代ウォークマン型ポーチ、Ginza S…

    銀座のソニービル跡地にできた「Ginza Sony Park」では、初代ウォ…

  8. auからもシャープ製5Gルーター登場、ただし法人…

    KDDI、沖縄セルラーは、シャープ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed…

PAGE TOP