• HOME
  • レビュー
  • フィット感と衝撃吸収を重視、エレコムのGalaxy A20用「極み」TPUケースを試す

フィット感と衝撃吸収を重視、エレコムのGalaxy A20用「極み」TPUケースを試す

ドコモ、au、UQ mobileの冬モデル「Galaxy A20」用に発売された、エレコムの「極み」TPUケース(PM-A20UCTCR)を購入して使ってみたのでレビューします。以下、写真ではドコモ版のSC-02M(レッド)に装着していますが、もちろんau版やUQ mobile版でも使えます。


エレコムの「極み」シリーズには、ハードケース、手帳型ケース、フィルム、ガラスフィルムなど一通りのスマートフォン用アクセサリーが揃っています。では、TPU素材のソフトケースでは何を極めているのかというと、パッケージによれば「細部まで緻密にフィットする極み設計」とのこと。フィット感重視のケースで、このほか、TPU素材の弾力による衝撃吸収性も売りにしています。


見た目はごく一般的なTPUケース。内側には、本体背面との張り付きを防ぐマイクロドット加工が施されています。


他機種用の同シリーズのケースをレビューした時にも思いましたが、極みTPUケースはどうも透明感がないですね。上の写真は、左側が極み、右側が500円の安物ケースです。うーん同レベルか、若干負けているような……。


エレコムのフルカバーフィルムと併用して全面を保護する前提で設計されているため、前面の縁は低めです。ケースだけを着けた状態で落とすとちょっと不安。


背面はこんな感じ。先述の通り、透明感がイマイチなので、鮮やかな赤色がくすんで見えてしまうものの、張り付きによるムラはなく均一な状態です。


ただし、背面中央に独自のストラップホールがあるのは不可解な点。A20は本体にもストラップホールがありますし(左側面)、こんなところに余計な突起を付けられると平らな場所に置いた際にガタガタするのが気になります。

電源キー・音量キーの押し心地はケース越しでも良好。よく見るとキーの両サイドに切り込みがあり、ケース越しでも押し心地が重くならないようになっています。ストラップホール周辺の開口部は縦横両方に少しズレていて残念。

そして、上下から見るとさらに残念なことが発覚。マイク部分の穴がズレているのかと思いきや、よく見ると四隅のうち2ヶ所が浮いてしまっています。

原因を探ると背面の角のカーブが合っておらず、収まりきっていないようでした。個体差なのか設計の問題なのかはこれ1つでは分かりませんが、「細部まで緻密にフィットする」というのが売りのケースでこれはちょっと……。

「極み」シリーズのTPUケースがすべてダメというわけではなく、他機種(AQUOS zero2)用の物はフィット感良好で、透明度の低さを除けば良い出来でした。Galaxy A20用は残念ながらあまりオススメできません。

エレコム「極み」TPUケースをAmazonで見る

関連記事