• HOME
  • ニュース
  • 「mineo」で最大79万回線に通信障害、午前1時半頃に解消

「mineo」で最大79万回線に通信障害、午前1時半頃に解消

オプテージは、MVNOサービス「mineo」で2月11日夜から2月12日にかけて発生した通信障害について、12日朝にプレスリリースで報告しました。

障害内容はデータ通信と一部の音声通話(※1)が利用できなくなるというもので、Aプラン、Dプラン、Sプラン(au、ドコモ、ソフトバンク回線)の各プランに影響がありました。原因は通信機器のトラブルで、詳細は調査中とのこと。

(※1:「特定SIMで一部端末をお使いのお客さま」とのことなのでVoLTEのことでしょうか)

11日の19時34分頃に発生し、Aプランは12日の0時30分頃、DプランとSプランは1時30分頃に復旧。Aプランでは最大約29万回線、DプランとSプランでは最大約50万回線が影響を受けました。

なお、復旧後も通信できない状態となっている場合は、端末を再起動するよう呼びかけています。

Source: オプテージ

筆者のひとこと
MVNOでこれだけ大規模な障害は久しぶりですね。夜間の事故でしたが、サポートページでは発生直後の第一報、0時時点の第二報、0時半時点の第三報、復旧報と頻繁に状況報告が行われていました。影響規模の違いがあるとはいえ、どこかのベータ版MNOより真摯に対応しているような……。

関連記事