森永のお菓子が無料のコワーキングスペース「MORINAGA Village」に行ってみた

このブログに関連する作業は基本的に自宅か通勤電車でやっている副業ブロガーですが、集中したい時はたまに、気分転換にコワーキングスペースにも行きます。最近はじめて行った「MORINAGA Village」というところがなかなか良かったのでご紹介。


場所は東京都港区芝浦、田町駅から徒歩7分ぐらいでちょっと遠い。名前から予想は付くかもしれませんが森永製菓が運営しているコワーキングスペースで、森永芝浦ビルという自社ビルの一部を使って営業しているようです。営業日は月~土で、日曜と祝日は休みです。ちなみに支払いは完全キャッシュレス。ドロップイン利用だと1時間500円、2時間1,000円、1日1,500円で、都内ならそこそこ安いほうではないでしょうか。


仕事をする場所なので店内の撮影はしませんでしたが、おしゃれなカフェみたいな雰囲気で良い感じ。大きなテーブル席、カウンター席、270度囲まれた集中できそうな1人がけソファー席などいろいろなタイプの席があり、好みや気分に合わせて使えます(※利用規約に目を通すと一応「他の利用者の顔が写らなければOK」ではあるようですが、さすがにね)。

私の使い方だと、特定のどこかのコワーキングスペースの会員になって元を取れるほどの利用頻度ではないので基本的にドロップイン(一時利用)ですが、あちこち行ってみると当たり外れというよりは個性があって、静かに作業したい時にわいわい交流する感じのところに行き着いてしまうとあれれ、ということも。そういう意味では、ここはシェアオフィス寄りの静かな環境が良い人、交流を求めない人向きです。


いちおう区分されてはいますが私語OKのエリアでも十二分に捗ります。大企業の運営ということもあって「普通のコワーキングスペースにはあんまりいないよな」という雰囲気の人がけっこういるというか、身内用のセカンドオフィスを外部にも開放してみたのかな?という感じでした。あとは、ドリンクのほかに森永のお菓子を無料でもらえるというのも運営元パワー。料金設定も環境も良く、アクセスがちょっと不便なことを除けばおすすめです。

Source: MORINAGA Village

「Galaxy Harajuku」をいまさら初訪問

エレコム「極み」シリーズのAQUOS zero2用TPUケースレビュー、フィット感は良好

関連記事

  1. 半額でもガッカリした「プレイステーション クラシ…

    ※この記事は、「今年のワーストバイガジェット Advent Calendar…

  2. Advent Calenderを作りました、そし…

    エンジニア界隈やブロガー界隈で毎年ちょっとした話題になる、「Adventar…

  3. 【1日1冊Kindle日記】4/13「黒部源流山…

    「1日1冊Kindle日記」は、なんとなく暇でKindle Paperwhi…

  4. ドライカーボン製の6cmミニ定規を衝動買い

    デジタルガジェットでもなんでもないのですが、かっこ良くてつい欲しくなってしま…

  5. 「Galaxy Harajuku」をいまさら初訪…

    もうオープンから1年近く経ちますが、東京・原宿の体験施設「Galaxy Ha…

  6. サマーウォーズの“OZ”を再現!pixivの新ア…

    ピクシブが7月18日に公開したAndroid/iOS向けの新アプリ「VRoi…

  7. ハンドメイドSIMピンの「feliz」さんから素…

    以前にも取り上げた、ハンドメイドSIMピンの「feliz」さん。Twitte…

  8. 鉄道の保線作業を体験できるマニアックなゲームアプ…

    終電後の深夜に行われる保線作業、その作業に使われる保線用機械の中では花形(?…

PAGE TOP