「Galaxy Harajuku」をいまさら初訪問

もうオープンから1年近く経ちますが、東京・原宿の体験施設「Galaxy Harajuku」に先日行ってきました。なかなかそっち方面に行くことがないというか、あの辺歩きにくくてあまり行きたくないんですよね……たまたまちょうどよく近場で時間が空いたので、ようやく初訪問。


場所は原宿駅から竹下通りを突っ切ってすぐ。真っ黒な建物で、ビルひとつが丸ごとGalaxy Harajukuとなっています。


ちなみに、道路を挟んだ反対側にはLINE FRIENDS STORE。


Galaxy Harajukuという名前からすると直営店かショールーム?と思われる方が多いと思いますが、いちおう端末は買えるもののApple StoreのようにSIMフリー版の販売などもしているというわけではなく、地下にキャリア版の販売カウンターがある程度で店舗としての役割がメインではありません。では製品を展示しているショールームなのかというと、確かにそういうスペースもありますがワンフロアだけ。Galaxyの世界観を味わえる体験施設、といった感じです。


現行製品の展示は1Fに集中していて、新機種シーズンに各地の駅などで開催される「Galaxy Studio」のように、スタッフさんがGalaxyならではの機能などを紹介してくれます。こんな台数のGalaxy Foldを見られる場所は日本にはここしかなさそう。

4Fには歴代製品や分解された状態のスマートフォンが展示されていて見応えがあります。平昌五輪で選手・関係者のみに配布された限定カラーのGalaxy Note8も発見。


他のフロアには、4DXみたいに動く椅子と組み合わせた臨場感のあるVR体験コーナーやカメラを使ったアトラクションなどがあります。


一通り全部回って楽しむなら、入口でBuddy端末と呼ばれるスマートフォン(訪問時はGalaxy Note10+でした)を借りておくとポイントを貯めたりフロアマップを見たりできます。館内での写真撮影にも使えて、撮った写真は後で送ってもらえます。


最後は2Fのカフェへ。麻布十番のDUMBO Doughnuts and Coffeeという店が入っています。写真は店舗限定のGalaxyをイメージしたドーナツ。派手な色ですがミルク味です。原宿でこんなに空いている休憩場所はほかにないでしょう、穴場スポットとしては良いかもしれません。

【週刊PT-1000をつくる】Part 4:完成!

森永のお菓子が無料のコワーキングスペース「MORINAGA Village」に行ってみた

関連記事

  1. スマホも入る財布「Bellroy Phone P…

    ※この記事は、「お気に入りのモノ Advent Calendar 2019」…

  2. ハンドメイドSIMピンの「feliz」さんから素…

    以前にも取り上げた、ハンドメイドSIMピンの「feliz」さん。Twitte…

  3. キーボード売場でつい押したくなる「あれ」が我が家…

    2018年の後半あたりから、一部のコアな界隈で「自作キーボード」という物が流…

  4. 2020年に買う予定のもの・買いたいもの【来年買…

    ※この記事は、「来年買いたいもの Advent Calendar 2019」…

  5. 親指トラックボール派の期待の星!エレコムのライン…

    親指トラックボールを使うようになって7、8年。当時はド定番のロジクールかサン…

  6. 意外と便利な“3倍巻き”トイレットペーパー

    基本的に趣味(と線引きがあいまいな仕事)とお買い物のことしか考えていない人間…

  7. 森永のお菓子が無料のコワーキングスペース「MOR…

    このブログに関連する作業は基本的に自宅か通勤電車でやっている副業ブロガーです…

  8. 遅延を気にせず楽しめるAndroid向けリズムゲ…

    冬休みで暇なので珍しくゲームアプリを漁っています。たまには最近のアプリもリサ…

PAGE TOP