スマホ2台持ち必見、上海問屋の「2台置き対応スマホスタンド」レビュー

自作PCはやっていませんしBTOも含めてデスクトップPCはほぼ買わないのでドスパラに行く用事はあまりないのですが、個性的なガジェットを多数出している「上海問屋」ブランドの商品が気になってつい立ち寄ってしまいます。今回紹介する製品は1年ほど前に店頭で見かけて購入したもので、見つけた瞬間に、これはまさに自分のようなスマホオタク向けのアイテムじゃないかと即買い。


そのアイテムがこちら。「DN-915418 可動式 アルミ製 スマホスタンド(2台用・ブラック)」という商品です。その名の通り、上下2段で“2台置き”ができるスマホスタンド。価格は1,599円(税別)。


3ヶ所を折りたたんで収納できます。ただ、構造上どうしてもホルダー部分が2つ重なってしまいますし、ツメの部分は畳めずカバンの中でほかの物に引っかかりやすいのであまり持ち歩き向きではないかと。


2台分のホルダー部分はそれぞれ角度を調整でき、上段を支えるアームの角度を変えれば2台を近付けたり離したりできます。単純ながら置く端末のサイズにあわせて調整しやすい作りです。


縦置きだとこんな感じ。上の端末の画面が少し隠れますが、デスクの片隅に2台とも通知が見える状態で置いておきたいときには十分です。1台しか置かない時は見やすい上段を使うのがおすすめ。下段のホルダーだけ倒せば普通の1台用スタンドと同じように使えます。また、上段なら充電用のケーブルも下から通せます。


横置きだとまるで2画面スマホのように2台の距離をギリギリまで近付けることも可能です。ライブ配信の動画とSNSでの実況など、同時に見たいものがあるシーンでは役立ちそうです。私の場合はディスプレイの画質比較などに時々使っていますが、2つの画面を見比べやすくて便利。


携帯性では普通の折りたたみスタンドに若干劣りますし、アルミ製で保護パッドが薄く貼られている面積も最小限なので傷つきやすい機種を置くのはあまり気が進みません。そんな弱点はあるものの、2台持ちのためのスマートフォンスタンドとして実用性が高く、おすすめできる製品です。

ちなみに、上下2台ではなく左右2台の「スマホ2台置き対応アルミ製スタンド DN-915848」という姉妹製品もあります。スマートフォンの2台置きはもちろん、左右のスタンドの高さと角度を揃えればタブレットも安定して置けるというアイデア商品。こちらもいずれ使ってみたいですね。

「Lenovo Chromebook S330」でChrome OSを初体験

【週刊PT-1000をつくる】Part 4:完成!

関連記事

  1. ハンドメイド SIMピン

    スマホ好きには欠かせないアイテムを一味違うものに…

    スマホやSIMカードを複数持っているガジェット好きには欠かせない「SIMピン…

  2. 1kg以下でメモリ40GBの夢のモバイルノート!…

    年内最後のAmazonのビッグセール「サイバーマンデー」が終わりましたが、み…

  3. ソフトバンク系無制限ルーターでおなじみ、富士ソフ…

    民泊系のサービスから始まり、ソフトバンク回線を使った再販型の「無制限SIM」…

  4. ファーウェイのスマホを「Playストアなし」で使…

    米国の制裁によって、Mate 30シリーズ以降の新機種にGoogleアプリを…

  5. 王道の魅力は健在、13インチだからと「Think…

    ※今回は、レノボ・ジャパン様より実機をお借りしてレビュー記事を執筆しておりま…

  6. G-Call使い放題WiFiのSIMはSIMフリ…

    12月1日に開始されたソフトバンク回線の無制限データ通信サービス「G-Cal…

  7. なかなか悩む「Galaxy Note10+」の表…

    「Galaxy Note10+」を使い始めましたが、表示サイズの設定に悩みつ…

  8. 「WF-1000XM3」レビュー、音質とノイズキ…

    2019年7月に発売された、ソニーのフルワイヤレスイヤホン「WF-1000X…

PAGE TOP