「AQUOS zero2」の高速表示にはゲーミングメニューの設定が必要

「AQUOS zero2」に搭載されるシャープ製の有機ELディスプレイは、120Hz駆動と残像感を減らす黒画面挿入を組み合わせた高速表示が可能です(※1)。AQUOSスマートフォンの高速表示は、先代のAQUOS zeroはもちろん、液晶モデルでは「ハイスピードIGZO」として数年前からおなじみの機能。これまでなら「設定→アプリ」から高速表示させたいアプリを選んで設定……というのが恒例でしたが、AQUOS zero2では仕様が少し変わりました。

(※1:公式では「4倍速」と表現されていますが、これを4倍速というのはちょっと……ということで、本記事では「高速表示」とします)

AQUOS zero2の高速表示は「ハイレスポンスモード」という名称で、ゲーミング設定の一部となっています。これを使うには、高速表示させたいアプリをゲーム扱いで登録しておく必要があります。ゲーム以外のアプリもゲームモードの対象アプリにできるので、どうしても高速表示でTwitterをしたいなら「Twitterはゲーム」と言い張ればできなくもありません。


ただ、ゲームアプリ以外を高速表示のためにゲームモードの対象にすると、ゲーミングメニューやゲーム用の画質設定も付いてくることに。“Twitter 攻略”で検索……?

ゲーミングメニューを通知に表示させないようにしたり、ゲーム画質の設定を切ったりすることはできるのですが、これらはゲームごとに選択できるわけではないので、ゲーム以外のアプリを高速表示させることを優先すると今度はゲームプレイ時に機能を活かせないことになります。

zero2は初代よりもゲーミング用途にターゲットを絞った見せ方をされていますが、そのために今までできたことができなくなってしまったのは残念。黒挿入なしでも良いので、通常のアプリを裏技なしで高速表示させられる設定を追加してほしいです。

大幅値下げ中の「AQUOS zero」SIMフリー版をAmazonで見る

「AQUOS zero2 SH-01M」ファーストインプレッション

「Lenovo Chromebook S330」でChrome OSを初体験

関連記事

  1. これは便利!Windows版Chromeからスマ…

    いつ頃のバージョンからかは分かりませんが、最近、Windows版のGoogl…

  2. 何が違うの?PayPay残高の種類一覧

    大規模なキャンペーンなどで一気に知名度を上げたコード決済アプリの「PayPa…

  3. IIJmioのeSIM申込方法(Android版…

    MVNOの「IIJmio」が2019年7月から提供している「IIJmio モ…

  4. 2019年冬モデル「AQUOS sense3」「…

    手頃な価格帯で十分な性能と機能を備えたミドルレンジモデルとして定番になりつつ…

  5. ヨドバシやビックで74,800円の「iPhone…

    昨秋から家電量販店の一部店舗でSIMフリー版iPhoneが取り扱われるように…

  6. LINEモバイルで分割払いができる機種一覧(20…

    LINEモバイルでは、大手キャリアのように24回の分割払いでスマートフォン本…

  7. モバイルバッテリーってどうやって処分するの?(c…

    スマートフォンとともに普及したモバイルバッテリー。旅行中やスマホの充電を忘れ…

  8. Androidスマホで「GigSky」のeSIM…

    「GigSky」はアメリカのプリペイドSIM会社で、国際ローミング対応のeS…

PAGE TOP