Pixel 4の目玉機能「Motion Sense」がついに日本で解禁

Googleは、2019年10月に発売した「Pixel 4」「Pixel 4 XL」の独自機能「Motion Sense」を、2月4日から順次、日本でも利用できるようにします。最新のソフトウェアへのアップデートと利用設定が必要です。

Pixel 4とPixel 4 XLの画面上部の余白には、インカメラや顔認証装置のほかに、「Soli」という60GHzの高周波無線を利用したレーダーが搭載されています。このレーダーを使って、端末の前に手をかざすだけで音楽の曲送りやアラームのスヌーズ、着信音の停止などの簡易的な操作をジェスチャーで済ませられる「Motion Sense」という新機能がPixel 4シリーズ発表時の目玉でした。


日本ではこの機能の実装に無線通信関係の法整備が追いついていなかったため、センサー自体は搭載しながらもMotion Senseの機能を無効化した状態で出荷されていました。ようやく準備が整ったようで、いよいよPixel 4の機能をフルに体感できます。

また、「Google アシスタント」の新バージョンも提供開始。OSやアプリとの統合が進み、さまざまな機能により速くアクセスできるようになります。

Source: Google Japan Blog

関連記事