【スマホ用語辞典:第96回】ローミングってなに?

ローミングとは、自分が契約している通信事業者のサービスエリア外でも、他の通信事業者の回線を間借りして通信できる仕組みのことです。

ローミングが行われるケースは大きく分けて2つありますが、多くの人に関係するのは「国際ローミング」でしょう。海外旅行や出張に行った際、現地のキャリアを通じて通信できます。契約中のキャリアや料金プランにもよりますが、国内利用時とは別に料金が発生する場合が多いです。

そしてもうひとつ、国際ローミングがあれば国内ローミングもあります。とはいっても基本的に国内のキャリア同士はライバル会社ですから、「ソフトバンクが圏外だからドコモに繋いで」なんてことはできません。楽天モバイルやかつてのイー・アクセスなど、新規参入の事業者のハンデを補うイレギュラー対応としてローミング契約が結ばれることがあります。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事