【スマホ用語辞典:第91回】電子ペーパーってなに?

電子ペーパーとは、主に白黒の粒子を内部で移動させる仕組みで、「書き換え時にしか電気を使わない」「非通電時にも表示内容が維持される」という液晶や有機ELにはない性質を持った方式のディスプレイです。

バックライトなどではなく太陽光などの反射光を利用することによる紙に近い視認性、先述のように表示内容を維持できること、薄型軽量であることなどから電子ペーパーと呼ばれ、電子書籍リーダーなどに採用されています。

ちなみに、電子ペーパー全般のことを「E Ink」と呼ぶ人がたまにいますが、これは正確ではありません。E Inkというのは、電気泳動方式の電子ペーパーにおいて圧倒的なシェアを誇っている企業の社名です。実情としてはほとんどの製品がE Ink社の電子ペーパーを採用しているので誤りではないことも多いですが、一昔前の「ゲームは全部ファミコンと呼んでしまうお母さん」みたいなものです。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事