【スマホ用語辞典:第89回】LPWAってなに?

LPWAとは、Low Power Wide Areaの略。省電力かつ広域で使える(長距離の通信ができる)通信規格の総称です。代表的な規格としては、「SIGFOX」や「LoRaWAN」、LTEベースの「NB-IoT」などがあります。

主にIoTデバイスで利用され、BluetoothやZigBeeではカバーできない数km単位の広い範囲に渡って設置されたり、LTEでは消費電力に折り合いが付かない電池駆動のデバイスだったりと、一般的な通信規格では対応できない場面で活躍しています。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事