【スマホ用語辞典:第85回】技適マークってなに?

「技適マーク」とは、技術基準適合証明や技術基準適合認定のどちらか、または両方を受けていることを表示するためのマークです。簡単に言えば、日本で合法に使える無線通信機器であることを示すものです。

表示方法は総務省令で定められていて、「技適マーク」「認証の種類を示す記号」「認証番号」の3点セットでなければ有効ではありません。日本市場での経験が浅い海外ベンチャーメーカーの製品などでは時々、「技適マークだけ」のケースがあるので注意が必要です。

表示方法としては製品の外装に記載する方法以外に、設定画面などに入れておき画面上に表示させる「電磁表示」も認められています。また、スマートフォンではあまりありませんが、汎用の通信モジュールを取り付けているだけのノートPCなどでは、内部のモジュールに技適マークが表示されていれば製品外装への表示は義務ではないケースも存在します。

余談ですが、基準を満たさない機器の利用を“技適違反”というのは誤りです。技適はあくまで認証のことなので、基準を満たさない機器を利用した際に違反するのは電波法などですね。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事