【スマホ用語辞典:第69回】LTE-Uってなに?

LTE-Uの「U」はUnlicensed、つまり、LTE-Uとは免許不要の周波数帯(アンライセンスバンド)を利用するLTE通信のことです。具体的には、BluetoothやWi-Fiなどに使われる2.4GHz帯や5GHz帯を利用します。

アンライセンスバンドのみを利用した小規模ネットワークの構築という用途もありますが、主な用途として提案されているのは、ライセンスバンドだけでは帯域が足りない通信キャリアが、アンライセンスバンドを併用してCA(キャリアアグリゲーション)することでより強力なネットワークを構築するという使い方です。既存機器との干渉や帯域の占有を避けるための技術・規制の両面での対応が必要にはなるものの、帯域不足を打破する方法のひとつとして検討されています。

もっとも、前者に関してはWi-Fi 6などの技術発展やローカル5Gの存在、後者に関しても5Gサービスの開始を考えると、現状ではあまり本流として期待される技術とは言えないでしょう。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事