• HOME
  • ニュース
  • UQ、シニア向けスマホやWi-Fiルーターの新機種を発表

UQ、シニア向けスマホやWi-Fiルーターの新機種を発表

UQコミュニケーションズは14日、シニア向けスマートフォンやWi-Fiルーターの新機種を発表しました。

BASIO4


スマートフォンの新機種としては、シニア向けの「BASIO4」を投入。かんたんな操作やサポート、電池持ちなどを重視した機種です。FM放送とインターネットラジオをひとつのアプリで使える“ラジスマ”こと「radiko+FM」に対応します。auでも冬モデルとして同等の機種が販売されています。

Speed Wi-Fi NEXT WX06


モバイルWi-Fiルーターの新機種は「Speed Wi-Fi NEXT WX06」、NECプラットフォームズ製です。通信速度は下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsで、前機種の「WX05」と同じ。WiMAX 2+のモバイルルーターとしては初だという、Wi-Fiの2.4GHz/5GHz同時利用に対応したことが特徴です。

WiMAX HOME 02


固定回線代わりの据え置き利用を想定したホームルーターにも、「WiMAX HOME 02」という新機種が登場。同じく下り最大440MbpsのNECプラットフォームズ製ルーターです。前機種のWiMAX HOME 01と比べて水平方向の通信可能範囲を最大約25%拡大したほか、Alexa搭載のスマートスピーカー経由で通信量を確認できるという変わった機能もあります。

Source: UQコミュニケーションズ

筆者のひとこと
一応春モデルという扱いになるのでしょうか、スマートフォンのラインナップは冬モデルで一通り整ってしまっていますし、補完する程度の新機種追加という感じですね。ルーターはファーウェイ不在ではしんどそうですね……今年はどうなることやら。

関連記事