• HOME
  • コラム
  • 「5G」は日本でいつから始まる?最新動向を解説

「5G」は日本でいつから始まる?最新動向を解説

次世代のモバイル通信技術である「5G」には、「高速大容量」「多数同時接続」「低遅延」という3つの特徴があります。

スマートフォンやタブレットのようなモバイル機器が進歩するだけではなく、遠隔での新しい働き方、工場などのIoTによる生産性向上、スポーツ観戦などにおける新しいエンターテイメント体験など、さまざまな物事の進化を加速させる技術として、多方面から期待されている5G。

「5Gではこんなことができるようになるよ」「うちは5Gを使ってこんなことをしますよ」といった夢のある話があちこちから聞こえるようになりましたが、「結局5Gっていつ始まるの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

日本の5Gは早くても2020年3月から

海外に目を向けると、世界最速で5G商用サービスを開始したのはアメリカと韓国でした。この2ヶ国で最速争いが繰り広げられ、2019年4月にほぼ同時に開始されました。

では日本ではいつ5Gが始まるのかというと、2020年1月時点で判明している範囲ではざっくりと「2020年春」。ソフトバンクはもう少し具体的な時期にも言及していて、宮内社長が2020年の年頭所感のなかで「3月末ごろから5Gの商用サービスを開始します」と明かしています。ドコモやauもこの時期から大きく前後することはないと思われます。

第4のMNOとなる楽天モバイルは、6月に5Gを開始すると宣言しています。ただ、そもそも4Gの開始が事実上遅れているためあまり現実的ではなく、言葉通りには受け取りにくい情報でもあります。

日本が遅れているわけではない


ここまでの内容を読んで、「なんだ、日本のモバイル通信は進んでいると思っていたけれど、5Gでは1年も遅れを取っているのか」と思われた方もいるかもしれませんが、実はそう悲観的に捉える必要じゃない状況ともいえます。

そもそも5Gの標準化、規格策定は何年も前から2020年に向けて進められてきたもので、勇み足で最速実用化を目指したところでは実サービスにおいてそれなりに痛い目を見て、ユーザーに幻滅されてしまったという面もあります。

各国のサービス提供状況や国内キャリアの5G関連の実証実験やプレサービスの状況を見る限り、「どこで商用レベルに達したと判断するか」の違いにお国柄が出ているという印象。私見ですが、必ずしも「商用サービスの開始時期が遅い=技術的に遅れを取っている」ということではないと考えています。

2020年時点での5Gはまだ本領発揮ではない

そして、5G開始に向けた盛り上がりに水を差すわけではありませんが、これだけは言っておかないといけません。2020年時点での5Gはまだ本領発揮ではなく、開始直後はおそらくエンドユーザーにとっては幻滅期になるということです。

もちろんエリア整備はまだまだこれからという意味もありますが、それ以上に根本的な仕組みとして、開始直後の5Gは純粋な5Gではないため、最初に書いた「高速大容量」「多数同時接続」「低遅延」という5Gの3大メリットをサービス開始時から享受できるわけではありません。せいぜい「高速大容量」だけでしょう。

なぜかというと、初期の5GはNSA(ノンスタンドアローン)と呼ばれ、「メインは4Gのまま、部分的に5Gが乗っかっている」状態となります。コアネットワークは4Gのままで無線区間が5Gになるだけなので、これではまだ低遅延にはなりませんし、多数同時接続も抜本的な改革にはなりません。

SA(スタンドアローン)に移行して5Gの真の実力が発揮されるまでには、あと数年かかります。ただ、携帯キャリアのネットワークとは別に、企業・団体が自前で整備するプライベートネットワークの「ローカル5G」についてはこの限りではないでしょう。

関連記事