• HOME
  • ニュース
  • 充電不要のスマートトラッカー「MOTHER」発表、MATRIXの温度差発電技術を利用

充電不要のスマートトラッカー「MOTHER」発表、MATRIXの温度差発電技術を利用

リラクゼーションサロン「Re.Ra.Ku」などを展開するメディロムが、スマートトラッカー市場への参入を発表。第1弾として、シリコンバレーのスタートアップ企業であるMATRIX INDUSTRIESと共同開発したウェアラブルデバイス「MOTHER」を発表しました。


見た目はよくあるリストバンド型活動量計、しかしMOTHERは「生涯充電不要」ということが最大の特徴です。MATRIXの温度差発電技術により、体温と気温の差を利用して発電します。消費カロリーや睡眠量、歩数を計測できます。

なぜスマートトラッカー市場に参入したのかも気になるところですが、なんでも、ウェアラブルトラッカーを活用した医師監修オンデマンドトレーニングアプリ「Lav (Lifestyle Assist for Vitality.) 」を提供する中で、「充電のために身体から取り外さなければならない」ことが活動量計の継続利用を妨げる要素として見えてきて、デバイスも作ってしまおうという流れになったのだとか。

Source: メディロム

筆者のひとこと
意外なところからウェアラブルデバイスが出てきて驚きましたが、パートナー選定のセンスにも驚き。世界初の充電不要なスマートウォッチを発売したスタートアップ企業に目を付け、その技術を借りてリストバンド型活動量計としては世界初の「充電不要デバイス」というインパクトのある称号をいきなり手にしたわけで、結構なやり手なのでは。

関連記事