• HOME
  • 雑記
  • Googleの開発者向けサイトに謎の「ドコモ版Pixel 4」が出現

Googleの開発者向けサイトに謎の「ドコモ版Pixel 4」が出現

GoogleのPixelシリーズは、日本に初上陸した「Pixel 3」の時にはドコモとソフトバンクの2社とGoogle ストアで販売され、次に登場した廉価版「Pixel 3a」でも販売体制は同じ。しかし、2019年秋に発売された新フラッグシップ「Pixel 4」ではドコモが抜け、ソフトバンクとGoogle ストアのみとなりました。


ところが、Googleの開発者向けサイトを見ると面白い発見がありました。

Pixelシリーズはあくまでコンシューマー向け製品で、以前のNexusシリーズのような純粋な開発者向けリファレンス端末ではありませんが、Google自身が提供する最新バージョンのOSをいち早く使える機種なので、Nexusの流れを汲んで開発者向けの情報公開もされています。通常はOTAで配信されるファクトリーイメージを開発者向けサイトでファイルとしても提供しているのはその一環です。


ここでは利用しているモデルを選んでファクトリーイメージをダウンロードできるのですが、ソフトバンク版の「10.0.0 (QQ1C.191205.016.A1, Dec 2019, SoftBank, TW carriers)」やGoogle ストア版の「10.0.0 (QQ1C.200105.004, Jan 2020, TW & JP)」とともに、「10.0.0 (QQ1D.200105.002, Jan 2020, NTT DOCOMO)」というドコモ版のファイルがなぜか並んでいます。Pixel 4、Pixel 4 XL用のどちらもあります。

Pixelシリーズの場合、キャリアごとに目立った違いがあるわけでもないので実際にファイルをダウンロードして覗いて見ても特に変わったことはないだろうと思われますが、ソフトバンク版やGoogle ストア版のように他のモデル(台湾版)と共通というわけでもないドコモ版のためのファイルのようですし、なぜ公開されているのか不思議ですね。

少なくともGoogle側はドコモにも納入する準備をしていた、ということでしょう。「これから発売される」または「発売予定だったがキャンセルされた」という2つのパターンが考えられますが、あえて発売を遅らせる理由があるとしたら、法規制をクリアしてSoliを使えるようになってから、というぐらいでしょうか。

5G開始間近に数ヶ月遅れで10万円クラスの4G端末を売り出すとは考えにくく、個人的にはキャンセルされたという説が濃厚かと思います。Pixel 3末期の売り方を見るに販売が好調だったとはあまり思えず、先述のようにハイエンドクラスは5G開始直前の微妙な時期であることも考慮すると、法改正で今までのような在庫処分の仕方もできない以上は販売機種を慎重に選定せざるを得ないのかもしれませんね。

Source: Google

関連記事