安くて軽い、拡張性もあるモバイルノート「LG gram (13Z990)」レビュー

LG製のモバイルノートPC「LG gram」(13Z990-GA54J)を購入しました。2019年12月に購入して少し手を加えながら1ヶ月ほど使ってみたので、レビューしておきたいと思います。

「LG gram」ってどんな機種?


gramシリーズはLGが展開するモバイルノートPCのブランドで、13/14/15/17インチの4サイズが用意されています。日本には2016年にまず15インチモデル(15Z960)が上陸し、その後13インチモデルなどほかのサイズも導入され、Z970~990の各世代が発売されました。

とにかく軽さが売りのシリーズで、15Z960などは15インチノートPCでありながら1kgを切る(約980g)という世界最軽量マシンでした。現行モデルも、最大の17インチモデルでもわずか約1340gと、特に大画面モデルで一回り、二回り小さい機種に迫る軽さを実現しています。

今回私が購入したモデルは、Z990世代の13インチモデルでAmazon専売の廉価版「13Z990-GA54J」。Core i5-8265Uにメモリ8GB、SSD 256GBという構成で、重さは約965g。バッテリー容量を犠牲にせず、軽さと最大28時間の長時間駆動を両立したモデルです。

外観:シンプルで飾り気のないデザイン


実は、私はgramを買うのは今回が2回目。同じ13インチモデルで2世代前の2017年型「13Z970」を以前持っていました。改めて手にしてみると、見た目はほとんど変わらない印象。真っ白な天板に刻まれたロゴが「LG」から「gram」に変わって中央に移動したことで、なんとか新旧モデルの見分けは付きます。


ディスプレイは13.3インチのフルHD液晶で、上下方向はともかく左右はそこそこ狭額縁。


端子類をチェックしてみると、左側には充電端子とUSB Type-A、HDMI、USB Type-Cが1つずつ。USB PDでの充電も可能です。


右側にはmicroSDカードスロット、イヤホンジャック、USB端子とケンジントンロックがあります。軽さを重視しつつ、端子類は極端に削減されることはなく最近のモバイルノートPCにしては充実しています。


キーボードはクセのない日本語配列です。Z970までは日本版でもUSキーボードしかないという大胆な仕様でしたが、日本語配列になったのはありがたい。

右上に電源キーが配置されているのが気になる方もいると思いますが、他のキーより一段低くなっていてほぼ平らな上に、ある程度力を入れて押し込む作りなので、使ってみると実用上は誤ってスリープにしてしまう可能性はまずないことが分かります。

gramの外観は世代やサイズを問わずほぼ同じで、決して高級感のある仕上げではないものの、シンプルで飾り気のないデザインで使う人やシーンを選びません。ちなみに、質感や手触りから樹脂ボディと勘違いされることも少なくありませんが、実は複数の種類のマグネシウム合金を部位によって使い分けて作られています。

性能:過不足ないスペックで拡張性も良好


私が購入したモデルはCore i5にメモリ8GB、SSD 256GBという、現代的なノートPCのお手本のような構成。ディスプレイもフルHD(1920×1080)ですし、比較的安価な機種でありながら手堅くまとめられています。未だにメモリ4GBや1366×768の構成をベースとして見せかけの最安構成を用意しているようなメーカーも見習って欲しい……。

このほかにi7の上位モデルもあり、i3に4GBのエントリーモデルしかなかった13Z970の頃と比べると、年数を重ねるうちにだいぶ日本市場にフィットしてきたのかなと思います。


出荷状態でも十分使えるスペックですが、メーカーがメモリやSSDの増設サービスを有償で行っているのも珍しい点。そして保証外の行為となりますが、公式の増設サービスがあるということはもちろん、その気になれば自分で増設できてしまいます。

「換装」ではなく「増設」できるのがまた素敵。メモリはオンボード+空きスロットという構成で、SSDもM.2の空きスロットが1つあります。今時のノートPC、それも軽さ重視のモデルでこういう遊び方ができるモデルというのはかなり貴重です。

総評:安くて軽い、使い倒せるモバイルノートPC


1kg以下のモバイルノートPCは増えつつありますが、本来、軽量化はそれなりのコストがかかるものです。ところが、gramは軽さ重視ではない同等性能の普通のノートPCと同じような価格、あるいはそれ以下で入手できる安価な軽量マシンです。そして、最軽量狙いのフェーズを通過してすでに電池持ちとの両立に舵を切った成熟したシリーズでもあります。

安さ+軽さ=どこにでも気軽に持っていって使い倒せる。そして軽量マシンらしからぬ拡張性もあるので、DIYでさらにコストパフォーマンスの高い「使えるモバイルノート」に仕上げることもできる、懐の深い機種です。

「LG gram(13Z990)」をAmazonで見る

【スマホ用語辞典:第47回】Android TVってなに?

フォルダブルディスプレイ搭載ThinkPadの正式名称は「ThinkPad X1 Fold」に、LenovoがCESで発表

関連記事

  1. 楽天モバイル限定モデル「AQUOS sense3…

    シャープのスマートフォン事業を復活させた立役者ともいえる、人気のミドルレンジ…

  2. 「Rakuten Mini」関連記事まとめ【動画…

    楽天モバイルから発売された「Rakuten Mini」は、3.6インチディス…

  3. eSIM&FeliCa対応の3.6インチ小型スマ…

    楽天モバイル(MNO)の独自端末として発表された「Rakuten Mini」…

  4. 「AQUOS zero2」関連記事まとめ【動画付…

    ドコモ、au、ソフトバンクの冬モデルとして発売された「AQUOS zero2…

  5. 「Galaxy Note10+ SC-01M」レ…

    NTTドコモの2019-2020年冬春モデルとして発売された「Galaxy …

  6. Punkt. MP02

    「Punkt. MP02」が日本上陸。デジタルデ…

    2018年秋に海外で登場したシンプルなデザインケータイ「Punkt. MP0…

  7. Core i7に16GBメモリ、1kg以下のモバ…

    Amazon.co.jpでは1月3日9:00から、2020年最初の大規模セー…

  8. カメラ+PCを毎日楽に持ち歩ける「PeakDes…

    仕事でもオフでも「カメラ+ノートPC」のセットを持ち歩くことが多いのですが、…

PAGE TOP