【スマホ用語辞典:第43回】VoLTEってなに?

VoLTEとは、LTE回線で音声通話を行うための通信技術です。Voice over LTEの略で、ボルテまたはブイオーエルティーイーと読みます。

初期のLTEスマートフォンは音声通話は3Gを利用する仕様で、LTEへの完全移行と3G停波に向け、LTEのみで完結するネットワークを構築する上ではVoLTEは欠かせない技術でした。LTEは従来のような回線交換を想定した規格ではないため、音声をデータ通信と同じようにパケットに変換して送る仕組みで実現されています。

ユーザー目線でのメリットとしては、まずVoLTE非対応のLTE端末のような「着信時や音声通話中は3Gに落ちる」という仕様ではなくなるため、常にLTEによる高速データ通信を利用できることが挙げられます。そして、従来方式の延長線上の「AMR-WB」コーデックではなく高音質コーデックの「EVS」を採用しているサービスであれば、高音質通話というメリットもあります。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事