【スマホ用語辞典:第40回】クラウドSIMってなに?

「クラウドSIM」とは、サーバーに用意された大量のSIM情報を状況に応じて読み込むことで、SIMカードを差し替えることなく多くの国・地域で通信できる仕組みです。主に海外旅行用のモバイルWi-FiルーターやプリペイドSIMなどに採用されています。

差し替え不要でSIM情報を書き換えられるという点はeSIMと少し似ていますが、仕組みや目的は異なり、クラウドSIMはあくまで「別の場所に用意した大量のSIMを仮想的に差し替えて使う」仕組みなので、どこでも任意のキャリアを使えるわけではなく、クラウドSIMサービスを提供している事業者が取り揃えたSIMのラインナップに依存します。全世界、あるいはエリアごとにまとめたパッケージ料金で提供される場合が多く、渡航先ごとにプリペイドSIMを買うよりは手頃な料金で済むメリットがあります。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事