16インチMacBook Proにジャストフィットするドッキングステーション「DGRule」がKickstarterに登場

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に、MacBook Pro専用のドッキングステーション「DGRule」が登場しました。All or Nothing方式ですが既に目標金額に到達しており、2020年3月以降に発送予定です。


「DGRule」は、16インチの新型MacBook Proに最適化されたドッキングステーション。本体の左右に2つずつあるUSB Type-Cポートを挟み込む形で合体し、フルサイズのUSBポートやHDMI出力、SDカードスロットなどを追加する多機能USBハブです。

MacBook Proの筐体に合わせた形状となっており、真上から見ると接続部分以外は本体にすっぽりと隠れます。装着したままでも持ち歩けるサイズで、そのまま机におくとキーボードに少し角度を付けた状態でタイピングできます。


製品化された際の価格は149ドル(約16,000円)の予定で、クラウドファンディングで早期に支援すれば47%オフの79ドル(約8,500円)で「DGRule」を受け取れます。

(1/27追記:Kickstarterでのキャンペーンは終了、Indiegogoで追加募集中です)

「DGRule」をIndiegogoで見る

関連記事