【スマホ用語辞典:第35回】Android Go Editionってなに?

Android Go Editionとは、通常のAndroidをベースに新興国向けの低スペック端末や低速回線でも十分に動作するように再設計したシステムです。OS本体のほか、ChromeやGmailなどの各種Googleアプリにも同様に軽量化を施したGo Editionが存在し、これらをまとめたパッケージで提供されます。

その性質上、日本市場向けのスマートフォンに採用例はありませんが、恵安やLenovoの廉価版タブレットの一部がAndroid Go Editionを搭載して日本市場に投入されています。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事