【スマホ用語辞典:第35回】Android Go Editionってなに?

Android Go Editionとは、通常のAndroidをベースに新興国向けの低スペック端末や低速回線でも十分に動作するように再設計したシステムです。OS本体のほか、ChromeやGmailなどの各種Googleアプリにも同様に軽量化を施したGo Editionが存在し、これらをまとめたパッケージで提供されます。

その性質上、日本市場向けのスマートフォンに採用例はありませんが、恵安やLenovoの廉価版タブレットの一部がAndroid Go Editionを搭載して日本市場に投入されています。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

【スマホ用語辞典:第34回】eKYCってなに?

7インチタブレット「Fire 7」が3,480円の特価に【Amazonの初売り】

関連記事

  1. 【スマホ用語辞典:第32回】画面内指紋認証ってな…

    画面内指紋認証とは、従来はスマートフォンの背面や側面など画面以外の場所に搭載…

  2. 【スマホ用語辞典:第22回】ファブレットってなに…

    ファブレットとは、「スマートフォンとタブレットの中間」を表す造語です。日本で…

  3. 【スマホ用語辞典:第98回】ワンセグ、フルセグっ…

    フィーチャーフォンやスマートフォンでテレビを見る機能といえば「ワンセグ」………

  4. 【スマホ用語辞典:第20回】SIMフリー、SIM…

    大手キャリアが販売するスマートフォンやフィーチャーフォンは、販売時には基本的…

  5. 【スマホ用語辞典:第8回】機内モードってなに?

    スマートフォンにはほぼ必ず備わっている「機内モード」、使ったことはありますか…

  6. 【スマホ用語辞典:第29回】アプリのキャッシュっ…

    スマートフォンのアプリを使っていくと、「キャッシュ」というデータが蓄積されて…

  7. 【スマホ用語辞典:第85回】技適マークってなに?…

    「技適マーク」とは、技術基準適合証明や技術基準適合認定のどちらか、または両方…

  8. 【スマホ用語辞典:第90回】HEIFってなに?

    HEIF(ヒーフ)とは、2017年に提供開始されたiOS 11以降のiPho…

PAGE TOP