【スマホ用語辞典:第21回】デュアルカメラ、トリプルカメラってなに?

近年のスマートフォンでは、複数のカメラを搭載する機種が増えています。インカメラとアウトカメラの2つという意味ではなく、アウトカメラを複数搭載しているのです。2つならデュアルカメラ、3つならトリプルカメラ、4つならクアッドカメラ、5つならペンタカメラと呼ばれます。

複数のカメラを搭載する目的は、機種によって異なります。超広角カメラや望遠カメラを追加してさまざまな画角を使い分けられるようにした機種もあれば、カラーセンサーとモノクロセンサーを組み合わせて処理することで画質向上を図ったり、2つのカメラの視差を使って深度情報を得て擬似的に背景をぼかしたりする機種も。2019年モデルからはマクロ撮影用のカメラを搭載する機種も出てきています。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事