【スマホ用語辞典:第19回】LTEバンドってなに?

携帯電話の通信に使われる電波は、キャリアによって割り当てられている周波数が違います。このため、「キャリアが使っている周波数」と「端末が対応している周波数」が一致している必要があります。

ただ、対応周波数帯を書くのに、いちいち「上りが1920~1980MHz、下りが2110~2170MHz……」と書くのも大変ですし覚えにくいですよね。そこで、周波数帯を規格化して簡単に表した3GPP基準のバンド表記がよく使われます。日本国内で使われているLTEバンドは、ドコモがBand 1/3/19/21/28/42、au(UQ含む)がBand 1/11/18/26/28/41/42、ソフトバンク(WCP含む)がBand 1/3/8/11/28/41/42です。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事