【スマホ用語辞典:第17回】MNPってなに?

MNPとは、携帯電話番号ポータビリティ(Mobile Number Portability)のこと。携帯電話の番号を変えずに、別の事業者に引き継いで利用できる仕組みのことです。日本では2006年に開始されました。

MNPは日本だけの仕組みではなく、世界的には、移転元事業者での事前手続きが不要なレシピエント型、事前手続き(MNP予約番号の発行など)が必要なドナー型があります。日本ではドナー型で運用されています。MNPする際に必要なMNP予約番号は上2桁で移転元事業者が分かるようになっていて、ドコモは11、auは12、ソフトバンクは13。MVNOの場合は回線提供元のMNOと同じ番号が発行されます。

余談ですが、単に「番号ポータビリティ」と言った場合は固定電話の同様の仕組みのことを指します。携帯電話よりも早く2001年から運用されており、「番ポ」と略すことが多いです。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事