• HOME
  • コラム
  • LINEをスマホ2台で使える裏ワザ、「LINE Lite」を使ってみた

LINEをスマホ2台で使える裏ワザ、「LINE Lite」を使ってみた

今や日本ではデファクトスタンダード、使わないのはほぼ無理なアプリになってしまった「LINE」。しかし、何らかの理由で2台以上のスマートフォンを使い分けている人にとっては非常に面倒なアプリでもあります。TwitterやFacebookと違って完全なマルチデバイスには対応していないので、「スマホとPC」「スマホとiPad」の2台でログインすることはできても、スマートフォン2台での同時利用はできないからです。


そんな一部の人々が日本上陸を待ちわびているアプリが「LINE Lite」。スペックの低いエントリークラスのスマートフォンが普及している新興国向けに作られた「軽量版LINE」なのですが、通常版LINEと同時にログインできるというもうひとつの特徴があります。残念ながら日本では正式には提供されていません。Playストアの説明文はしっかり日本語化されているのに……(※リンク)。

どうしても日本でLINE Liteを使ってみたい場合は何らかの方法でapkを入手する必要がありますが、信用できるソースから直接入手できるあてがない限りはおすすめしません。コミュニケーションアプリですから、余計にね。


使い方は簡単で、LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログイン。このとき、LINE Liteをインストールした端末に表示される「認証番号」を、通常版LINEをインストールしている端末で本人確認のために入力する必要があります。iPad版LINEと同じ仕様ですね。


インストール直後の画面。LINE Liteをインストールする前のトークは表示されません。本来の用途が低スペック端末向けの軽量版なだけあって、トークと友だち一覧、ID検索画面ぐらいしかなく非常にシンプル。通常版LINEアプリはなんでもかんでも詰め込まれた「1アプリ完結」の複雑なものになってしまいましたが、これでいいんだけどなあ……。


「2台持ちユーザー待望のアプリ」としても「ライトユーザーのための分かりやすいアプリ」としても、早く上陸してほしいアプリです。少し使ってみた限りでは日本語化も問題なく完了しているようですし、LINEさん是非!

関連記事