• HOME
  • ガイド
  • 2019年冬モデル「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 lite」「AQUOS sense3 plus」は何が違う?

2019年冬モデル「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 lite」「AQUOS sense3 plus」は何が違う?

手頃な価格帯で十分な性能と機能を備えたミドルレンジモデルとして定番になりつつあるシャープの「AQUOS sense」シリーズ。その第3世代として、SIMフリーモデルや各キャリアの2019年冬モデルとして「AQUOS sense3」シリーズが発売されました。

sense3シリーズには、「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 lite」「AQUOS sense3 plus」の3機種がありますが、違いがよく分からないという人も多いのではないでしょうか。今回は、3機種の違いを解説します。

sense3/sense3 lite/sense3 plusの違い


まず、基本となるのは「AQUOS sense3」。ドコモ、au、UQ mobile版とSIMフリー版があります。Snapdragon 630にRAM 4GB、ROM 64GBと前世代のsense2と比べるとワンランク上のスペックになり、ゲームなど負荷のかかる一部の用途を除けば十分快適に使えるでしょう。バッテリー容量は4000mAhに増え、これはsense3シリーズの全機種に共通しています。sense3は超広角カメラを加えたデュアルカメラを搭載しています。

「AQUOS sense3 lite」は楽天モバイル限定の機種です。基本的にsense3と同じですが、超広角カメラを省略したシングルカメラ仕様となっているのが“lite”なところ。あまり積極的に選ぶ意味はないものの、その分少しだけ安くなっています。

「AQUOS sense3 plus」は、sense3の大画面版あるいは上位版といえる機種です。画面サイズは5.5インチから6.0インチに、SoCはSnapdragon 630からSnapdragon 636に、RAMは4GBから6GBにパワーアップ。SIMフリー版のほか、au版、ソフトバンク版があります。au版の「AQUOS sense3 plus サウンド」にはパイオニア製のaptX HD対応ワイヤレスイヤホンが付属し、ソフトバンク版はストレージが64GB→128GBに倍増しています。

派生モデル


基本となるのはsense3/sense3 lite/sense3 plusの3機種ですが、このほかにも実は派生モデルが存在します。ひとつはソフトバンクの「AQUOS sense3 basic」。これは法人向けの機種で、超広角カメラとFeliCa、指紋センサーが省略されています。

もうひとつはワイモバイルの「Android One S7」。実はハードウェアはsense3シリーズがベースとなっていて、超広角カメラと指紋センサーが省略され、FeliCaは残されています。Android One仕様のシンプルなソフトウェアとアップデート保証が特徴です(AQUOSブランドでも十分シンプルでアップデート保証もありますが)。

Source: シャープ

「AQUOS sense3」をAmazonで見る 「AQUOS sense3 plus」をAmazonで見る

関連記事