【スマホ用語辞典:第7回】APN設定ってなに?

SIMフリーのスマートフォンなどを買うと、最初に「APN設定」というものが必要になる場合があります。このAPNという単語、大手キャリアを使ってきた人だとほとんど聞いたことがないのではないでしょうか。

APNとはAccess Point Nameの略で、簡単に言えば接続先の設定をここでします。通話には影響しませんが、データ通信のために必須のものです。

大手キャリアの場合も接続の仕組み自体がまったく違うわけではないのでAPN自体は存在しますが、端末(スマートフォン本体)と回線をセットで売っているので、あらかじめ接続先の設定が済んでいる状態。SIMフリーのスマートフォンにMVNOのSIMカードを自分でセットして使う場合には、まずは「このれは○○のSIMカードですよ、接続先は××ですよ」とスマートフォンに教える必要があるのです。これがAPN設定です。

APN設定に必要な情報は、MVNOのSIMカードの台紙や同封されている書類に書かれていることが多いです。もし見当たらなければ、各社の公式サイトを見てみましょう。端末メーカーではなく、通信事業者のサイトに書かれています。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事