• HOME
  • スマホ用語辞典
  • 【スマホ用語辞典:第2回】アプリの「ダウンロード」と「インストール」ってどう違う?

【スマホ用語辞典:第2回】アプリの「ダウンロード」と「インストール」ってどう違う?

スマートフォンに新しいアプリを追加するときに使う「ダウンロード」や「インストール」という言葉。違いがよくわからず、どちらも「アプリを入れる」という意味で使っている人も少なくないのではないでしょうか。スマートフォンのアプリに関していえばそれでも間違いではありません。

では、それぞれどういう意味なのかというと、「ネット上にあるものをスマホに保存する」のがダウンロード。なのでアプリ以外、たとえば画像を保存するときなどにも同じ言葉を使います。

インストールはちょっと伝わりにくい概念なので、実際にアプリを入れる時の流れを例に考えてみましょう。App StoreやPlayストアで欲しいアプリを探して、保存するところまでが「ダウンロード」。そして、保存したアプリを実際に使える状態にするのが「インストール」です。

パソコンのソフトなどではダウンロードが終わったら自分でインストールをしないといけませんが、スマートフォンの場合はダウンロードが終わると自動でインストールされる場合がほとんどなので、あまり意識する必要はないでしょう。

例えるなら、「通販で欲しい商品を買って、商品が宅配便で届いた」というのがダウンロード、「届いた商品を開けて箱から出した」というのがインストールです。

elibomの「スマホ用語辞典」では、携帯電話・スマートフォン関連の用語を中心に、「よく聞くけど、どういう意味?」とちょっと気になるキーワードを、なるべく短く、わかりやすく解説しています。ほかにも気になる単語がある方はこちらへ(※リンク)。

関連記事