• HOME
  • ニュース
  • クアッドカメラ搭載の5G対応スマホ「OPPO Reno3 Pro」海外発表

クアッドカメラ搭載の5G対応スマホ「OPPO Reno3 Pro」海外発表

OPPOは、Androidスマートフォン「OPPO Reno3 Pro」を中国で発表しました。現地での価格は、8GB+128GBモデルで3999元(約62,600円)からです。


Reno3 Proは、12月上旬に発表されたばかりのQualcommの最新SoC「Snapdragon 765G」を搭載する5G対応スマートフォンです。画面サイズは6.5インチ、パンチホール型のインカメラ配置で画面占有率は93.4%に達します。本体の厚さは7.7mm、重さは約171gに抑えました。Android 10ベースのColorOS 7を搭載します。


背面には「5倍ハイブリッドズーム」と謳うクアッドカメラが搭載されており、光学式手ブレ補正付きのメインカメラは約4800万画素。これに約1300万画素の望遠カメラと約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のモノクロカメラを加えた構成です。Reno 10x Zoomでも使われていたハイブリッドズームという呼び方をしていることからすると、おそらく望遠カメラそのものはメインカメラの画角を基準にすると光学2倍か3倍程度、画像処理を組み合わせて5倍相当といったところでしょう。


通常版のカラーバリエーションは4色で、OPPOのスマートフォンではおなじみのグラデーションのかかったカラーも2種類あります。そして、Pantoneとコラボしたモデルも登場。PantoneがColor of the Year 2020に選んだ「Classic Blue」という色を使い、大胆にロゴと色名を入れたデザインとなっています。

Source: OPPO

筆者のひとこと
5G対応端末でこの薄さ、軽さはけっこう頑張っているのではないでしょうか。さすがは世界最薄スマホの座を獲得したこともあるメーカー。Pantoneの流行色を使うというのは2017年のHUAWEI P10(Greenery)を思い出しましたが、色を使うだけでなく色見本帳さながらのデザインにしてしまうとは。最初は実際の製品のデザインではなくイメージ画像かと思いました。でもなんだか、書いているうちに早くも見慣れてきたというかちょっと欲しい気も……。

関連記事