コード決済同盟の「MoPA」、わずか9ヶ月で解散

LINE Pay、メルペイ、NTTドコモ、KDDIの4社は、Mobile Payment Alliance(MoPA)の解散を発表しました。

MoPAはコード決済における加盟店開拓などで協力する決済事業者による同盟。3月にLINE Payとメルペイが戦略的業務提携を締結してMoPAを設立し、6月にNTTドコモ(d払い)、9月にKDDI(au PAY)が加わり4社体制となりました。提携解消に至った理由は、初期メンバーであるLINE Payのサービス方針の転換としています。

なお、MoPAの活動を通じて対応を進めて行く予定であった統一QRコード「JPQR」については、今後も各社で取り組むとのことです。

Source: LINE Pay

筆者のひとこと
元々「対PayPay同盟」のような存在だったので、ヤフー・LINE連合が生まれることになった以上、解散またはLINE Payの脱退は読めていたことではあります。JPQRへの影響が少なければ、エンドユーザーにはあまり関係のない話かもしれません。それにしても、当事者のLINE Payを含む4社の連名発表で、解散理由をここまではっきり書いてきたのは少し意外でした。

関連記事