• HOME
  • ニュース
  • 「arrows M05」発表、2年ぶりのSIMフリー市場向け新機種

「arrows M05」発表、2年ぶりのSIMフリー市場向け新機種

富士通コネクテッドテクノロジーズは、SIMフリースマートフォン「arroww M05」を発表しました。12月18日から家電量販店やMVNOを通じて販売されます。

arrows M05は防水・防塵・耐衝撃性能を備え、おサイフケータイや指紋認証、そして指紋センサーを使った独自操作「Exlider」に対応するAndroidスマートフォンです。シニア・初心者向けのUI変更機能「シンプルモード」を備えます。

単体購入できるSIMフリー端末という括りで見れば楽天モバイル向けのarrows RXが先に登場していますが、オープンマーケット向けのSIMフリーarrowsとしては、2017年7月に発売されたarrows M04以来、2年ぶりの新機種です。

5.8インチディスプレイにSnapdragon 450、RAM 3GB、バッテリー容量2880mAhと、仕様や外観からarrows RXとarrows M05は兄弟機であることが読み取れます。

Source: 富士通コネクテッドテクノロジーズ

筆者のひとこと
厳しい言い方をすれば、空白期間を作って振り出しに戻ってしまっているうえ、そもそもM04の時点で何年も同等スペックの機種を焼き増して評価はガタ落ちでした。M05も数年前のSIMフリー市場なら「どうしても日本のメーカーが良いなら……」ぐらいには言えたかもしれませんが、シャープがあれだけ伸びてしまった今、もはや入り込む余地はないのでは。オープンマーケットでシニア向けで差別化するというのもどこかズレていますし……。

関連記事