• HOME
  • ニュース
  • Xiaomi、1億画素&5眼カメラの「Mi Note 10」を日本で発売

Xiaomi、1億画素&5眼カメラの「Mi Note 10」を日本で発売

Xiaomiは、Androidスマートフォン「Mi Note 10」を12月16日に日本で発売します。また、一部仕様が異なる上位モデル「Mi Note 10 Pro」も12月23日に発売予定。Amazon.co.jpでの価格は、Mi Note 10が58,661円(税込、以下同)、Mi Note 10 Proが71,993円です。


Mi Note 10は、メインカメラにサムスンと共同開発した1億800万画素の高解像度センサー「ISOCELL Bright HMX」を採用し、さらに超広角、望遠(2倍)、望遠(5倍)、マクロ撮影用カメラを追加したペンタカメラ(5眼カメラ)が特徴のスマートフォンです。

SoCはミッドハイレンジのSnapdragon 730をもとにゲーム性能を高めた「Snapdragon 730G」、バッテリー容量は5260mAhで30Wの急速充電に対応。6.47インチ(FHD+)の有機ELディスプレイには画面内指紋センサーも組み込まれています。


Mi Note 10とMi Note 10 Proの違いとしては、無印はRAM 6GBでストレージ128GB、ProはRAM 8GBでストレージ256GB。そして、実際の画質にどの程度影響するのかは不明ですが、1億800万画素のメインカメラのレンズ構成も異なります。無印は7枚構成、Proは8枚構成とのこと。

Source: Xiaomi

筆者のひとこと
Black SharkはXiaomiそのものではないので除外するとして、ついに日本上陸ですか。最初の機種として「1億画素」という強烈なインパクトのある機種を持ってきたのはありだと思いますが、カメラ特化でそこ以外を見るとコストパフォーマンスがすごく良い機種というわけではないので(いや、Reno Aという比較対象が強すぎるのか……)、初動での売れ行きは期待ほどではなさそうな気もします。公式Twitterの予告などでMi Note 10が出るのはバレバレでしたが、Proは来ないと思っていたのでちょっと驚き。

「Mi Note 10」をAmazonで見る 「Mi Note 10 Pro」をAmazonで見る

関連記事