「Snapdragon 765」は5Gモデムを内蔵【訂正】

Qualcommは12月3日(現地時間)、ハワイで開催中のイベント「Snapdragon Tech Summit」初日の基調講演の中で、次世代SoC「Snapdragon 865」「Snapdragon 765」に言及しました。詳細は現地時間で4日に発表予定です。

Snapdragon 865はハイエンドスマートフォン向けのSnapdragon 8シリーズ、Snapdragon 765はミッドハイレンジ向けのSnapdragon 7シリーズの新型SoCです。

Snapdragon 855までは5G用モデムをSoCとは別に搭載していましたが、Snapdragon 765にはモデムを内蔵。また、ゲーム性能を高めたSnapdragon 765Gという派生バージョンも存在することが明かされました。Xiaomiの「Mi CC9 Pro」「Mi Note 10」に採用されたSnapdragon 730Gのようなものでしょう。

なお、ハイエンドのSnapdragon 865は従来通り、5Gに対応させるは「Snapdragon X55」という5Gモデムとセットで搭載する必要があります。

同日に、Motorola、Xiaomi、OPPO、HMDが搭載端末の開発を表明。Motorolaは865/765、XiaomiとOPPOは865、HMDは765搭載端末を2020年に発表すると予告しています。

Source: Qualcomm

筆者のひとこと
8シリーズと7シリーズで数字を揃えてきたので分かりやすくなったかも。7シリーズにも5Gモデムが内蔵されたことで対応端末が増えて行きそうです。Motorolaがハイエンド機に再挑戦すること、HMDはコメントのなかでZEISSカメラにも言及しているのでおそらくNokiaブランドの新機種を開発していることなど、SoC自体のことはまだ分からないものの、意外と読み取れる情報が多い発表ですね。

お詫びと訂正

初出時、Snapdragon 865/765ともに5Gモデム内蔵としておりましたが、正しくはSnapdragon 765のみ内蔵、Snapdragon 865は従来通りで5Gモデムが別途搭載されます。お詫びして訂正いたします。

関連記事