• HOME
  • レビュー
  • 「プレイステーション クラシック」のコントローラーはAndroidスマホでも使える

「プレイステーション クラシック」のコントローラーはAndroidスマホでも使える

2018年12月に発売された“復刻版プレステ”こと「プレイステーション クラシック」。発売から1年が経ち、もう飽きてしまって押入れに眠っているという人もいるかも。そうでなくとも、なかなかオフライン対戦をする機会はなかったり、復刻版は1人で思い出に浸りながらじっくり楽しみたかったり、同梱されている2個目のコントローラーを使う機会がない人は多いのではないでしょうか。


実はこのコントローラー、ごく一般的なUSBゲームパッドとしても使えるのです。


PCでも使えますし、OTG対応の変換アダプター・ケーブルがあればAndroidスマートフォンでも使えます。本家のコントローラー接続端子に似せたデザインになっているのでUSBハブなどに差し込もうとすると干渉するかもしれませんが、中身はあくまで普通のUSB端子。


上の写真は「Pixel 4 XL」でレースゲーム「Assoluto Racing」をプレイしてみたところ。この機種の場合はデータ移行用に付属しているアダプターがOTG対応の物だったので、特に追加で用意する必要はなく使えました。Galaxyシリーズなどでも同様のアダプターが付属している機種があるので、アダプターを買う前にまずは一度スマホの付属品をチェックしてみましょう。

「プレイステーション クラシック」のコントローラーは、デュアルショックになる前の初期型がモデルなのでアナログパッドがなく使い道は限られるかもしれませんが、持ちやすくて軽いUSBゲームパッドとしてそこそこ使えそうです。

関連記事