Android Go Editionを採用した「Lenovo Tab M7」、29日発売

レノボ・ジャパンは、Androidタブレット「Lenovo Tab M7」を11月29日に発売します。価格は11,000円(税別)から。

Lenovo Tab M7は、厚さ8.25mmのメタルボディに7インチ液晶を搭載したAndroidタブレット。低価格帯のタブレット端末に採用例が多いMT8121(MediaTek製)というSoCを搭載し、RAM 1GBにストレージ16GB、画面解像度は1024×600と控えめなスペック。

ハードウェアとしては平凡なエントリーモデルですが、日本市場向けの端末としては珍しい「Android Go Edition」を採用することが特徴。Go Editionは新興国向けの派生バージョンで、低スペックの端末でも快適に利用できるように、OSそのものやプリインストールされるGoogleアプリが軽量化・最適化されています。

ちなみに、Lenovo Tab M7の2GB+32GB版や、15日に発売予定の「Lenovo Tab M8」はGo Editionではない通常のAndroid 9を採用します。1GB+16GBのGo Editionと2GB+32GBの通常版Android、どちらが軽快に動作するのかは気になるところ。

Source: Lenovo

筆者のひとこと
日本はとうとうGo Editionが投入されるような市場になってしまったのか……とうがった見方をしたくもなりますが、どんなものかちょっと触ってみたいかも。1月に恵安もGo Editionのタブレットを発売しましたが、Android 9のGo Editionはおそらく今回が国内初です。

AnkerのAndroid 9搭載4Kプロジェクター「Nebula Cosmos Max」がKickstarterに登場

Osmo Pocket似の「Capture Pocket」がKickstarterに登場、約2万円で本家より便利そうなところも!

関連記事

  1. auからもシャープ製5Gルーター登場、ただし法人…

    KDDI、沖縄セルラーは、シャープ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed…

  2. 楽天モバイル(MNO)で使える機種一覧(2019…

    楽天モバイルは、2019年10月から「無料サポータープログラム」として、自社…

  3. J:COM、「Galaxy Tab A」Wi-F…

    ジュピターテレコムは、「J:COM TV」の契約者向けに、「Galaxy T…

  4. 「OnePlus 8」シリーズのスペックの一部を…

    OnePlusのPete Lau CEOは、同社の公式コミュニティにおいて、…

  5. ついに「Galaxy Fold」が発売。9月6日…

    Galaxy S10シリーズなどとともに、2019年春に発表されたサムスンの…

  6. Galaxy S10+ Olympic Games Edition

    1万台限定の「Galaxy S10+ Olymp…

    NTTドコモは、東京2020オリンピックの開催を記念した限定モデル「Gala…

  7. 楽天モバイルとKDDIが「S10接続」を開始、ロ…

    4月8日に本格始動した楽天モバイル(MNO)は、自社回線の基地局が未展開の地…

  8. ドコモの「NB-IoT」終了、開始から1年未満で…

    NTTドコモは、IoT機器向け通信サービス「NB-IoT」の提供を2020年…

PAGE TOP