クルマに積んでおきたい1台6役の非常用ガジェット「2BeSafe」がKickStarterに登場

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に、1台6役の非常用車載ガジェット「2BeSafe」が登場しました。All or Nothing方式で、募集期間は12月5日まで。11月10日時点での達成率は半分を少し超えたところです。


「2BeSafe」は、いざという時のために自動車に積んでおきたい道具を1つにまとめた1台6役のガジェット。車内に閉じ込められた時に使うガラスブレーカー、赤色のLED非常信号灯(日本の基準を満たせるかが不明なのであまり期待しない方が良いかも)、事故などでシートベルトがロックされた際の切断に使うシートベルトカッターといった非常時に役立つ3つの機能が詰まっています。


そして、非常時のための道具でありながら普段から使えて無駄がないというのも「2BeSafe」の利点です。2ポートのシガーソケット用USB充電器として使えて、2200mAhのバッテリーを内蔵しているのでちょっと車から降りても充電を続けたい時にもそのまま持ち出せます。さらにフラッシュライトも搭載しているので、夜のドライブで車外に出る時にも便利かも。

Super Early BirdやEarly Birdの出資コースはすでに終了しており、11月10日時点では29ドル(約3,100円)のコースが最安。「2BeSafe」本体とUSBケーブルを受け取れるコースで、2019年のクリスマスまでに配送予定となっています。

「2BeSafe」をKickstarterで見る

関連記事