Y!mobileの「Libero S10」を買ったら毎月いくらかかる?

Y!mobileから11月8日に発売された「Libero S10」(ZTE製)。この機種を購入した場合、分割払いの本体代金と基本料金を合わせたら毎月いくらぐらいかかるのでしょうか。Y!mobileの主なプランの料金とあわせて、「Libero S10」のランニングコストを試算してみました。

Libero S10ってどんな機種?


2019年冬モデルのLibero S10は、ZTE製のエントリーモデル。サブブランドが取り扱う機種としては破格の安さが最大の武器で、それでもしっかり防水仕様、デュアルカメラだって搭載しています。

Y!mobileのLibero S10の価格は28,800円(税込、以下同)ですが、新規契約やMNP(SoftBank以外から)の場合は14,544円に。機種変更でも割引が適用され、21,672円となります。購入方法を問わずお手頃な機種です。

Libero S10を買ったら毎月いくらかかる?

以下の料金は、ソフトバンク以外からMNPする場合の金額で計算しました。

Libero S10をY!mobileの標準プランとなる「スマホベーシックプランM」(9GB→12GB)で購入した場合、機種代金(36回払い)を含めた月々の支払いは3,682円です。通信量の少ない方なら「スマホベーシックプランS」(3GB→4GB)で2,582円、通信量の多い方なら「スマホベーシックプランR」(14GB→17GB)で4,782円です。

上記のプランには、1回10分までの通話なら何度でも無料となる国内無料通話が含まれています。データ通信容量が足りなくなった場合は500円/0.5GBでチャージできます。

故障や紛失に備えた「故障安心パックプラス」に加入する場合は759円プラスとなります。ほかのオプションは後からでも変更できるので、最初にしか入れない故障安心パックプラスだけは付けるかどうか決めておくと良いでしょう。

購入時にかかる費用は?

Y!mobileの契約事務手数料は3,300円です(オンラインストアなら無料)。ほかの携帯会社から電話番号を引き継いで使う場合(MNP)は、今お使いの携帯会社で決められているMNP予約番号発行手数料(2,000~3,000円前後)が必要。また、2年契約を結んでいる場合は契約更新月以外に乗り換えると解約金がかかるので、MNP予約番号を取る際にあわせて確認しておきましょう。

このほかに、実店舗で購入する場合は店舗によって異なる「頭金」が設定されている場合があります。携帯電話の頭金はローンの一部を先に払うというものではなく、本体代金とは別に支払うお店への手数料のようなものとして慣例化しています。Y!mobileオンラインストアなら頭金はかからず、必須オプションや契約の待ち時間もナシ。自宅にいながら新しいスマホを楽々ゲットできるのでY!mobileオンラインストアでの購入がおすすめです。

UQ mobileの「AQUOS sense3」を買ったら毎月いくらかかる?

ZTE、アメリカ向けの新機種「Blade 10」を発売

関連記事

  1. ドコモの型番ルールが変更。5G端末は「51A」か…

    3月18日にNTTドコモの2020年春夏モデルが発表されました。5G対応機種…

  2. 2019年冬モデル「AQUOS sense3」「…

    手頃な価格帯で十分な性能と機能を備えたミドルレンジモデルとして定番になりつつ…

  3. 「OCN モバイル ONE」なら通信制限を気にせ…

    「格安SIM一球勝負!」では、MVNOやサブブランドなどのいわゆる「格安SI…

  4. BIGLOBE エンタメフリー

    YouTubeが見放題、そんな夢のようなオプショ…

    「格安SIM一球勝負!」では、MVNOやサブブランドなどのいわゆる「格安SI…

  5. 楽天モバイル(MNO)の端末保証はいくらかかる?…

    4月から本格始動した楽天モバイルのMNOサービス。利用するには楽天の自社回線…

  6. iPhone SE(2020)の対応バンド一覧、…

    Appleは4月16日、「iPhone SE」(第2世代、2020年モデル)…

  7. ソフトバンクの「OPPO Reno3 5G」は中…

    ソフトバンクから5G対応スマートフォンとして発表された「OPPO Reno3…

  8. UQ mobileの「AQUOS sense3」…

    UQ mobileから2019年11月8日に発売された「AQUOS sens…

PAGE TOP