• HOME
  • ニュース
  • ドコモから5年半ぶりのLTE対応USBドングル「UX302NC-R」

ドコモから5年半ぶりのLTE対応USBドングル「UX302NC-R」

NTTドコモは、ネクス製のUSBドングル型LTEデータ通信端末「UX302NC-R」を11月11日から販売します。ドコモ製品としての取り扱いではなく「メーカーブランド製品」というやや特殊なポジションで、相互接続性試験(IOT)を完了した製品をドコモショップやドコモオンラインショップで販売するという形。

LTE Band 1/3/19/21に対応し、通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。メーカーの発表によると、すでに汎用通信モジュールとしてATMのバックアップ回線やゲーム機器(アーケードゲームでしょうか?)、デジタルサイネージなどの導入実績があるそうです。ドコモの発表によれば、ビジネスユーザーやIoT需要を見込んで取り扱うとのこと。ちなみに、ドコモ網のMVNO「OCN モバイル ONE」でも、以前レンタル端末として採用されていた機種です。

Source: NTTドコモ, ネクス

筆者のひとこと
新機種を作るほどではないけれど根強い需要は確実にある、そんなところでしょうか。ドコモのUSBデータ通信端末は2014年5月に発売された「L-03F」以来で実に5年半ぶり。対応バンドや通信速度を見ると積極的に買い換える意味はあまりない……というか同等の性能なのですが、L-03Fは生産終了となって久しいですし、入手性やアフターサポートを考えると悪くない話かと。

「L-03F」をAmazonで見る

関連記事