• HOME
  • レビュー
  • 切り替えボタンがない?Pixel 4のカメラを一瞬で望遠にする操作方法

切り替えボタンがない?Pixel 4のカメラを一瞬で望遠にする操作方法

待望のデュアルカメラが搭載されたGoogleの「Pixel 4」「Pixel 4 XL」ですが、実際にカメラアプリを起動して触ってみると「あれ?どうやって望遠に切り替えるんだ?」とちょっと困惑。


Pixelのカメラアプリって一見シンプルなのですが、前提知識が必要なハイコンテクストな作りというか……正直あまり良いUIではないと思います。何も知らない人に渡したら、設定すら開けないのではないでしょうか。

本題のズーム操作はどうなっているかというと、画面をピンチアウトするとスライダーが出てきて、0.1倍刻みで調整できるようになっています。広角・望遠カメラの切り替えとデジタルズームを自動的に組み合わせた擬似的なズーム操作です。


デュアルカメラやトリプルカメラのスマートフォンなら、一般的にはカメラ、画角を切り替えるためのボタンが用意されています(異なる目的で搭載されている場合は除く)。しかし、Pixel 4には切り替えボタンがありません。

その代わりになりそうな「一瞬で望遠にする操作方法」としては、撮影中に画面をダブルタップすると2倍に切り替わります。ただ、仕様を見るとPixel 4の望遠カメラはぴったり2倍の画角ではなくもう少し短いはずなので、この操作では残念ながら単純に広角→望遠の切り替えができるというわけではなく、少しデジタルズームがかかってしまっているはずです。


広角・望遠どちらのカメラを使うか、デジタルズームを使うかなどをユーザーに意識させないUIにしているというのはコンセプトとしては理解できるのですが、望遠側の2ndカメラの素の実力を見る手段が事実上ないというのはちょっとモヤモヤするところ。

画角の切り替えボタンを1つ追加してもゴチャゴチャして分かりにくくなることはない、むしろピンチアウトという画面表示からは見えない暗黙の了解的な操作をしないとズームができない現状よりよほど分かりやすいと思うのですが……。

関連記事