ドコモ、FOMA停波と「iモード」終了は2026年3月末に

NTTドコモは、W-CDMA方式の3G携帯電話サービス「FOMA」とフィーチャーフォン向けの「iモード」の提供終了に向けたスケジュールを発表しました。いずれも、提供終了日は2026年3月31日となります。

「FOMA」は2001年10月、「iモード」は1999年2月に提供開始。終了理由はLTEの普及による契約数の減少と5G展開に向けた経営資源の集中とされています。なお、すでにFOMAの音声プランとiモードの新規受付は2019年9月30日に終了しており、残るFOMAデータプランやユビキタスプランも2020年3月31日に受付を終了します。

2019年10月時点で、個人向けのラインナップはキッズケータイやらくらくホンなども含めて全機種LTE対応のものに移行済。今回案内された提供終了日は、FOMAを契約中のユーザー、あるいはXi契約でも通話に3Gが必要なVoLTE非対応の旧機種を利用中のユーザーに影響します。また、フィーチャーフォン向けサービスに関しては、「iチャネル」「iコンシェル」の終了時期を別途案内すると予告されており、iモードそのものは2026年3月末まで使えても、現状のサービスを変わらず受けられる状態であるとは限らない点に注意が必要です。

Source: NTTドコモ

筆者のひとこと
いつかは必ず訪れるものですが、停波が6年半も先とは驚き。まあコンシューマー向けはともかく、FOMA回線はいろいろなところで使われているのでなかなかすぐには止められませんよね……。それにしても、FOMAもiモードも終了する頃には20年をゆうに超える長寿サービスになってしまうのですねぇ。

関連記事