• HOME
  • 乗り物
  • 実はほぼMERIDA?ミヤタのグラベルe-bike「ROADREX 6180」をゆるっと解説

実はほぼMERIDA?ミヤタのグラベルe-bike「ROADREX 6180」をゆるっと解説

ミヤタが2020年モデルとして発表した「ROADREX 6180」は、舗装路もダートも走るグラベルロードタイプのe-bikeです。すでにe-bikeとしてはクロスバイクとMTBを発売しているミヤタ、得意のオフロードジャンルを着実に攻めてきています。


車名の通り、ドライブユニットはシマノのSTEPS 6180。ミヤタは2020年モデルからユニットの型番がそのまま車名に入っているので分かりやすいですね。コンポーネントは10速Tiagra、ブレーキもホイールもシマノ製。650B×45Cのタイヤが装着されています。


グラベルロードのe-bikeというもの自体がまだ珍しいといえば珍しいのですが、ROADREXには非e-bikeの(おそらく)兄弟車があるというのも珍しい設計。ミヤタの筆頭株主であるMERIDAが販売している、グラベルロードの「SILEX」というシリーズに瓜二つ。もちろんドライブユニットが付くBB部分は専用形状ですが、定評のあるグラベルバイクをそのままe-bikeにしてしまったような、走行性能に期待せざるを得ない1台です。

Source: ミヤタ

関連記事