• HOME
  • 乗り物
  • 10万円台のファットタイヤ採用ミニベロe-bike「ZERO N2.0FAT」をゆるっと解説

10万円台のファットタイヤ採用ミニベロe-bike「ZERO N2.0FAT」をゆるっと解説

BENELLI(ベネリ)というブランドをご存知でしょうか。元はイタリアのオートバイメーカーで、現在は中国資本となりe-bikeも作っています。日本ではeMTBやフォールディングタイプのe-bikeを売っていて、そのひとつが今回ご紹介する「ZERO N2.0FAT」です。


ベースの車体から見ていくと、20インチホイールを採用する折りたたみ自転車で、特に折りたたみ構造に変わったところはなく、オーソドックスな2つ折りのアルミフレームです。コンポーネントは7速のTourney、ブレーキはTEKTROの機械式ディスクブレーキ、車重は約19kg。オフロードテイストを漂わせるファットタイヤですが、正直そこは期待しないほうが吉でしょう。

中身が一般車寄りと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、実際安いんです。15.8万円(税別)とe-bikeとしては最安クラス。

ドライブユニットはBAFANG製(モデル不明)で、出力は250W、最大トルクは不明。BBまわりの形状を見る限りダイレクトドライブではないので、おそらくリアドライブでしょう。航続距離は約65kmと短めですが、リアキャリアにうまく馴染ませた目立たないバッテリー配置はユニークですね。

Source: BENELLI

関連記事