TREKのクロスバイク型e-bikeがモデルチェンジ、「Verve+ 2」発表

TREKのクロスバイクタイプのe-bike「Verve+」がモデルチェンジします。2020年モデルとして「Verve+ 2」が発表されました。


TREKはすでにいくつかのe-bikeを日本で発売しており、前モデルのVerve+はTREKのe-bikeではもっとも安価な、入門向きのクロスバイクでした。新型は3万円ほど値上がりし、26.9万円(税別)。

パワーユニットはBOSCH製の「Active Line Plus」で、コンポーネントも9速のAlivioで変更なし。変わったところはというと、ちょっとした振動を吸収してくれる簡易的なサスペンションが付いたシートポストに変わり、アップライトなポジションを取りやすい可変ステムが装備されました。従来通り、Sサイズはまたぎやすいフレーム形状の「Verve+ 2 Lowstep」という別モデルとして用意されます。

公式サイトの画像は海外モデルと思われ、400Whバッテリーや小型ディスプレイ(Purion)を装備している画像がありますが、仕様表を見ると従来通りの300WhバッテリーとIntuviaなので、おそらく変更はないでしょう。率直な感想を言えば、値上げの印象が強くやや微妙なモデルチェンジかと。

Source: TREK

カナダのMTBブランド「KONA」初のe-bikeは道具としての魅力満点

10万円台のファットタイヤ採用ミニベロe-bike「ZERO N2.0FAT」をゆるっと解説

関連記事

  1. 「e-bike」と日本的「電動アシスト自転車」の…

    e-bikeブームの起点は欧州市場ですが、その一方で日本にはもう30年近くも…

  2. セミオーダーの英国製折りたたみ自転車「BROMP…

    洗練された折りたたみ機構とコンパクトな収納サイズに定評がある英国生まれの折り…

  3. STEPS E8080を搭載したクロスバイク、ミ…

    シマノのe-bikeシステム「STEPS」が日本に上陸したとき、最速でSTE…

  4. 10万円台のファットタイヤ採用ミニベロe-bik…

    BENELLI(ベネリ)というブランドをご存知でしょうか。元はイタリアのオー…

  5. 【週刊PT-1000をつくる】Part 3:チュ…

    ▼Part 2はこちら前回までの作業でだいぶ自転車っぽい…

  6. 山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」を見てきた

    3月14日に開業した(広義の)山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」。混雑を避け…

  7. 美しいY字型フレームのフラッグシップe-bike…

    e-bike専門ブランドのBESV(ベスビー)は、ロードバイク、クロスバイク…

  8. シマノのe-bikeシステム「STEPS」ライン…

    シマノは、欧州市場では2014年からe-bike用ユニットシステムを供給して…

PAGE TOP