• HOME
  • 乗り物
  • 欧州仕様のe-bikeにあるウォークアシスト機能とは?

欧州仕様のe-bikeにあるウォークアシスト機能とは?

日本仕様と欧州仕様のe-bikeシステムの違いは、上限速度や出力の違いだけではありません。実は、日本仕様では省略されているある機能が欧州仕様には存在しているのです。


その機能とは、ウォークアシスト機能。BOSCH製ユニットでは「WALKモード」という名前で、シマノ製ユニットにも同様の機能があります。

その名の通り、e-bikeを押して歩く際にもアシストしてくれる機能で、6km/h以下の時に利用できます。100kg、200kgとあるようなオートバイならいざ知らず、せいぜい20kg程度のe-bikeを押すのにそこまで必要か……?とも思いますが、意外とキツい場面もあるので歩道橋や駐輪場などのスロープを上がる時には意外と重宝するかも。

日本仕様で省略されている理由はおそらく法規制の兼ね合いだと思いますが、いつか実現されるといいですね。もしこれが可能になれば、e-bikeよりも普段使いの電動アシスト自転車のほうが恩恵は大きいのかなと思ったり。

関連記事