• HOME
  • 乗り物
  • BOSCH製ユニット搭載の手頃なe-bike、「TREK Verve+」をゆるっと解説

BOSCH製ユニット搭載の手頃なe-bike、「TREK Verve+」をゆるっと解説

2018年に、TREKが日本向けe-bikeの第1弾として投入したモデルが「Verve+」。BOSCH製のドライブユニットを搭載したクロスバイクです。この記事では、後に追加された小柄な方のための派生モデル「Verve+ Lowstep」もあわせて紹介します。


Verve+は一般的な形状のアルミフレームに、コンポーネントはMTB系の廉価グレードであるAlivio。フェンダーが標準装備され、e-bikeシステムと連動するライトも組み込まれています。


言ってしまえば割と平凡な車種なのですが、最初に試すe-bikeとしてはおすすめできる車種です。クセの少ない仕様ですし、何よりBOSCH製ユニットを搭載する車種としては23万1000円(税別)という価格はかなり安いです。

ドライブユニットは最大50Nmの「Active Line Plus」、コントロールユニットはIntuvia、バッテリーは300Whの外付けタイプというベーシックな構成で、まず欧州基準のe-bikeというものがどんな乗り物なのかを体感するにはうってつけの1台でしょう。

Verve+ Lowstepはどんなものかというと、基本的にはVerve+のXSサイズにあたるモデルです。フレームがスタッガード形状に変更されてまたぎやすくなり、ポジションもややアップライトに。身長150cm前後の方でも乗りやすいように設計されています。ヘッド周りの構造まで変わっていて“ただのサイズ違い”以上に手間がかかっていると思うのですが、値段はそのままなのが嬉しいですね。

Source: TREK

関連記事