• HOME
  • 雑記
  • わたしが契約しているサブスクリプションサービス(2019年9月版) #わたしのサブスク

わたしが契約しているサブスクリプションサービス(2019年9月版) #わたしのサブスク

だいぶ乗り遅れた気がしますが、契約中のサブスクリプションサービスを公開する「#わたしのサブスク」というハッシュタグが興味深かったので、私も利用中のサービスを一度まとめてみます。

……と言っても、ここ数ヶ月でだいぶ整理したので今契約しているものはかなり少なく、「なぜこれは外せなかったか」をメインに記録しておきたいと思います。

Adobe Creative Cloud(980円/月)

Adobe Creative Cloudは、LightroomとPhotoshopが使える「フォトプラン」を使っています。必要なので渋々加入していますが、正直、契約し続けているサービスの中では一番納得していないというか満足度が低いです。

モバイル連携には魅力を感じておらずクラウド同期は不要ですし、本当に代えが効かないと思っているのはLightroom Classicだけで、Photoshopでは別に大したことはしないのでGIMPでいいかなと思っているので……ええ……。まあ、料金体系が変わらない限りこのプランのまま使い続けるでしょう。税金のようなものだと思って諦めています。

Amazonプライム(4,900円/年)

Amazonプライムは2019年度から年間1,000円値上がりしました。通販サイトとしてのAmazonは玉石混交の“石”のほうが増えすぎて正直使い物にならず、もはや素性が確実に分かっている物や運ぶのが面倒な物しか買っていませんし、配送も劣化しているので正直「無料配送のサービス」としてはもう辞めてもいいかなと思っています。でも、暇な時にPrime Videoを見ることは割とあるのでそこに繋ぎ止められている感じ。

Evernote(600円/月)

3台以上で使うので無料プランではなくプレミアムプランに加入しています。ノートブックを作って情報を整理する使い方をしているので、Google Keepとかでは代用できないんですよね。今後も使っていくと思います。

Spotify(980円/月)

以前はGoogle Play Musicを使っていたのですが、後継になるであろうYouTube Musicの仕様にどうも馴染めないモヤモヤしたものを感じたので、早々に乗り換え。音楽配信サービスは料金的にも収録曲的にもほぼ横並びなので、アプリの作り込みや機能が決め手として大きいと思います。その点、SpotifyはRadio機能がすごい精度で好みの曲をピックアップしてくれますし、再生中の端末とは別の端末から操作した時の動作など細かいところまでよく出来ていて満足度は高いです。

関連記事