• HOME
  • ニュース
  • 整備性を重視したモジュラー式スマホ「Fairphone 3」10月発売

整備性を重視したモジュラー式スマホ「Fairphone 3」10月発売

オランダ発のモジュラー式スマホ「Fairphone 3」が10月に海外で発売されます。価格はVAT込みで450ユーロ(約54,000円)、10月下旬に出荷開始予定です。

そもそもモジュラー式スマホとは何かというと、端末を構成するカメラやスピーカーなど、さまざまな部品がモジュール化されており、簡単な作業で交換できます。製品名の通り3世代目となる機種で、世代間でパーツの互換性はありません。かつて計画されていたProject Araのようにパーツごとのアップグレードができるわけではなく、あくまで修理を目的とした仕組み。パーツ単位でも販売されるので自分で手軽に修理でき、要するに海外の一部でさかんな「修理する権利」の流れを受けた端末です。

主なスペックとしては、Snapdragon 632にRAM 4GB、ROM 64GB。ディスプレイは5.65インチFHD+、バッテリー容量は3000mAh、OSはAndroid 9です。

Source: Fairphone

筆者のひとこと
「修理する権利」って、どうも言いたいことが分かるようで分からないんですよね……そこまでして自分で不確かな修理をして小銭を浮かせたい人がどれだけいるのかと。ましてや、こんな自分で修理できることだけが取り柄の割高な機種を買ってまで備えるほどのことなのかと思うと、本末転倒、手段の目的化という感じがします。まあ、これが3世代目まで進んでいるというのですから不思議な世界ですね。

関連記事